一括査定サービスに申込むとかかってくる電話について

かかってくる電話は何の電話?

車買取一括査定サービスに申込むとあなたが査定依頼した車買取業者、またはあなたの車を買取りしたい業者から電話がかかって来ます

かかって来る電話は「実車の査定をさせて欲しい」という電話です。その査定をする日取りの約束を取るための電話なんですね。

そして、その電話の主はあなたが申込んだ「車買取一括査定サービス」からではありません。その車一括査定サービスと提携している車買取業者からの電話になります。多くはあなたのお住いの近隣の業者からとなっているようです。

なので、決して変な売り込みをするような電話ではないのです。
ただし、どの車買取業者も他の業者より早く査定の約束を取りたいために、申込者が一括査定を申込むとすぐに電話をかけて来るのです。また、申込者が電話に出ないと何度も電話をかけて来るので、電話がしつこいとかウザイとか思われてしまうようです。

また、電話では車を査定する日取りのアポ取りの他に、売りたい車の大よその買取額の提示があります。車買取一括査定に申込む多くの方が知りたいのはこの車の買取額なんですね。なので、少なくとも電話で大よその車の買取り額だけは聞いておきたいところです。
しかし、実際の車を査定しないと正確な車買取額が出ませんから、本来ならば実際の車の査定を受けて正確な買取額の提示を受けるようにしたいものです。当たり前と言えば当たり前のことです。

以上から、車買取一括査定サービスに申込んだ後にかかってくる電話は大切な電話だと認識しましょう。
車を高く売りたいのなら車の買取査定を受けなければ始まりません。仕事中で電話に出られない場合には、休憩時間などに対応しておけば、その後に業者が電話をかけて来ることはありません。

車買取一括査定サービスは車買取業者から電話がかかって来るものとして利用しましょう。

高価買取査定店はここから選ぶ! こちら 無料!人気の一括査定サービス!

かかってくる電話は車一括査定サービスのデメリットか

このかかって来る電話が車一括査定サービスのデメリットだという声があります。
車一括査定サービスの利用者にもしつこくて面倒くさいと言う方がいらっしゃいます。

しかし、かかって来る電話は「実車の査定をさせて欲しい」という電話です。
実際の車を査定しないと正確な車買取額が出ませんから、当たり前と言えば当たり前のことです。

以上から判断してもかかって来る電話がデメリットだとは思えません。
では、なぜ車一括査定に申込んだ後にかかって来る電話がデメリットだと言われるのでしょうか

 

それは、電話の着信履歴の数にあったのです。

 

車一括査定サービスを利用したことのある人に聞いてみたのですが、
車買取業者からの電話がかかって来た時には仕事中で電話に出られなかったということです。
そして、電話の着信履歴を見ると20件だとか30件などという驚くほどの数になっていたということです。

着信履歴の数に驚いた人が、
車一括査定の電話がしつこい!とか、ウザイ!とか言っているようなのです。

以上のようなことを煽っているサイトもありますが、本質が分かっていないだけなのです。

 

着信履歴を見ると1社か2社の業者が何度も電話をかけて来ているということです。
要するに、一部の業者が連絡が取れるまで、何度も電話をかけて来るということのようです。

 

では、どうしたら良いのでしょうか。

 

現実問題として、車を高く売りたいのなら実車の買取査定を受けなければ始まりませんので、
車買取業者と連絡を取りましょう。
車の査定を受ける日程を決めます。
複数の業者の査定を受ける場合には、同じ日時に自宅で査定を受けることも出来ます。

 

数多くの電話がかかって来るのが嫌でしたら、査定依頼をする業者の数を少なくするようにします。
買取業者の選択が出来ない一括査定サービスの場合は、
気に入った業者以外の電話には車の買取査定をはっきり断りましょう。

 

車買取一括査定サービスは車買取業者から電話がかかって来るものとして利用しましょう。

Copyright © 車買取の人気ランキング-高価査定店の選び方! All rights reserved